第2回日本一精度の高いびわの種飛ばし大会
平成23年6月11,12日

 萩市三見の道の駅「萩・さんさん三見」にて、三見特産のビワ収穫祭が行われ、本校生徒が企画・運営し、道の駅と地域協働イベント「第2回日本一精度の高いびわの種飛ばし大会」を開催しました。参加者は試食したびわから種を取り出し、それを口で飛ばしていただき、萩商工高が誇る全国レベルの測量技術でミリ単位まで測定しました。2日間で201人(1日目151人、2日目雨天のため50人)の方が参加され、楽しんでいただきました。また大会には、山口国体イメージキャラクターちょるるも応援に来てくれました。

各部門の結果は以下の通りです。

男性の部 8m56cm9mm(埼玉県)

女性の部 6m0cm1mm(萩市)

子どもの部 3m98cm4mm(山口市)

シニアの部 6m93cm4mm(宮崎県)

残念ながら、第1回の大会の更新記録はありませんでした。

しかし今年度は県外からの参加者も多く、その中でも種飛ばしのプロの方が出場されるなど少しずつメジャーな大会になってきたと感じました。

多くの方々にご参加いただきありがとうございました。




| 萩商工高校 | 08:53 | comments (0) | trackback (0) | 学校行事等のニュース::商業科・工業科連携 |
コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL
http://www.hagi-ct.ysn21.jp/blogn268/blognplus/tb.php/240
トラックバック